関東一の祇園祭「熊谷うちわ祭り」で活用されます。

立正大学地球環境科学部環境システム学科後藤研究室熊谷祇園会熊谷市と共同で、株式会社ユビキたスのどこ・イルカシステムを利用(株式会社CSCのMyAccessサービスを利用)したGPS端末が7月20日〜22日に埼玉県熊谷市で行われる、京都八坂神社の祇園祭の流れを汲んだ関東一の祇園祭「熊谷うちわ祭り」(来訪者70万人以上)の山車(だし)の位置情報検索システムとして、昨年に引き続き活用されることが決まりました。

12の山車にそれぞれ当システム端末が設置され、希望来訪者には応援している山車がどこにいるか自分のケータイで確認できるサービスです。 うちわ祭り参加の際には、是非ご体験ください。

※登録方法等は現地当日のご案内にてご確認ください。

公式サイト

うちわ祭り公式ホームページ

関東一の祇園祭「熊谷うちわ祭り」で活用されます。」への1件のコメント

  1. 今年も「どこ・イルカ」が「熊谷うちわ祭り」で利用

    子どもの防犯・高齢者徘徊・位置検索「どこ・イルカ」ニュースリリース: 関東一の祇園祭「熊谷うちわ祭り」で活用されます。
    12の山車にそれぞれ当システム端…

コメントは受け付けていません。