家族を見守るGPS位置検索サービス

学校の登下校時、塾の行き帰りなど不安な時間を見守りたい 位置検索機能

どこ・イルカは常時1分おきに位置情報を自動発信しどこ・イルカセンターに蓄積されます。ご家族はスマホ・パソコンなどで位置情報・移動軌跡が地図で確認できます。
また、エリア進入・退出通知機能を使い学校周辺・自宅周辺のエリアを設定しておけば、学校に到着した、自宅周辺まで帰ってきた際などに自動的にメールでお知らせする事もできます。

POINT 前機種では足取りモード中のみでしたが、どこ・イルカGでは電源が入っていれば常時位置情報を送信します。

子供の帰りが遅い…連絡を取りたい 通話機能

どこ・イルカは、登録した電話番号(最大20件)から電話を受けることができます。
※どこ・イルカから電話をかけることはできません。

POINTマナーモード完備
学校など音声が鳴動して困る場所でもボタンひとつでマナーモードに切り替えることができます。また、緊急時のために遠隔で強制的にマナーモードを解除する機能もあります。

POINTハンズフリー自動着信
かばんやランドセルに付けたまま、応答、通話をすることができます。

不審者に襲われたときなどの警報ブザー、警報メール送信 警報機能

警報スイッチをONにすると、警報ブザーが鳴動するとともに登録したメール(最大20件)に警報メールを送信します。
もちろんメールには位置情報も記載されます。

POINT 警報スイッチが作動している場合は、無条件でハンズフリー自動着信となりますので、どこ・イルカに電話をかけて安否確認を行ってください。

お子様からの連絡をメールで受信したい メール連絡機能

どこ・イルカからは電話をかけることはできませんが、メールを送信することができます。
「帰りが遅くなります」「部活で遅くなります」「電車が遅れてます」などのメッセージを登録して活用できます。

POINT ボタンによるメール送信の他、電源やマナーモードのON/OFF、電波受信状態の低下といった端末の状態変化により自動的にメールを送信することも可能です。

ご年配のご家族など、おひとりで外出するのが不安な方の見守りに

ご家族がどこにいるかスマホからすぐ確認できます。
また、エリア進入・退出通知機能を使い生活エリアを設定しておけば、エリア外に移動した際にメールを受け取るすることもできます。

一人暮らしの家族とのハンドフリーな連絡手段に

離れて暮らすご家族とのコミュケーションにどこ・イルカのハンズフリー自動着信機能を活用できます。
また、いざというときの緊急通報にも活用できます。

一人での外出時、体調を崩した時などの緊急通報に

警報ブザー、ボタンを押すだけで見守る家族にメールを送信できるので、緊急通報に活用できます。
また、ご家族の帰宅が遅い時など、強制的にマナーモードを解除しハンズフリー通話を行う機能もありますので、いざという時の連絡手段として活用できます。

機能詳細は、マニュアルサイトにてご確認いただけます。